暗闇でも時刻を確認することが可能!

深海でも使える高い視認性と耐水性が魅力

海は、水深200m辺りまで潜ると太陽の光が地上の0.1%程しか届かず、人間にとっては正に真っ暗闇の世界となります。また、水深が10m深くなる毎に気圧が1気圧ずつ上昇し、200mでは1立法cmに20kgの力が加わる事になります。

そんな過酷な状況下で使用する事を前提に設計されたダイバーズウォッチは、インデックスと時分針に夜光塗料を塗布したり、大きい数字や視認性重視のドットがデザインされたインデックスを採用し、針もどこを指示しているのかが暗闇の中でもひと目でわかる幅広のモノを載せる等、非常に高い視認性を有しています。
さらに、深海への飽和潜水時に発生するヘリウムガスを時計から逃がすヘリウムエスケープバルブを搭載し、1000mの潜水にも対応した高い耐水性を有するモデルもあります。

それらが結果的に武骨で男らしいデザインへと繋がっています。

命を預ける相棒にも男らしさを演出する相棒にもなれる

飽和潜水はもちろんの事、シュノーケリング等も一歩間違えば命に関わるスポーツです。
自らの身を守るためにも、潜水時間の記録などが出来るダイバーズウォッチは欠かせません。
また、その分厚く金属の塊のような質実剛健なデザインは、男らしさの象徴として男女ともに高い支持を得ています。
しかし、そんな高機能で使えるダイバーズウォッチですが、メンテナンスを怠ったり正しい知識を持たずに扱うと、自慢の耐水性が損なわれ故障の原因にもなってしまう事は覚えておきましょう。

そして、購入する際にはデザインや価格だけでなく、スペックの確認を確実に行いましょう。
300mの飽和潜水を予定しているのにダイバーズウォッチの耐水性が水深100m相当では、なんのために買ったのか分からなくなります。
一生の相棒になるかもしれないダイバーズウォッチを選ぶ際は慎重にいきましょう。